戻って来たら、ご飯行こうって約束が果たされないまま
数日が過ぎた。

戻って来てから、色々と忙しかったから。


そんな日々が続いていたある日...。

在庫確認をしていると...

<<お疲れ。今日ご飯行けそう?>>

坂口さんからメールがきた。


<<お疲れ様。うん、行ける。>>




仕事が終って、
今回は、美味しいイタリアンのお店へ連れてってくれた。


ワインを飲みながら...

「戻って来た時、ものすごくつかれた顔してたよな。
向こうでも、忙しかった?」



ゔっ...痛いところを衝いてこられた...



「...うん...なんか色々あって...」


「ふーん...色々かぁー...」



ゴクゴク...
無言でワインを飲んだ...。



「坂口さん、もう1本、頼んでいい?」

空になったボトルを手に取り、上目遣いでお願い。笑


「笑。いいよ。飲みたい気分?」


「うん、飲みたい気分。笑」



飲まなきゃ、やってられない。




ゴクゴクゴク...


グビグビグビ...




坂口さんの話を飲みながら...ひたすら飲みながら...
聞いては、頷き...を繰り返していた。笑


「笑。なー、そんなに?そんなに嫌な事があったの?」


半ば呆れ顔でわたしを見てきた。



「...う...ん...」

ため息交じりの返事をした後......続ける...。

「痛すぎて哀しすぎる失恋をしたの...
で、その傷が癒えてないところへ、父の不倫が発覚...
なんかもう、踏んだり蹴たりでさー...」



酔いが回ってたし
3か月だけの付き合いだし

...旅の恥はかき捨てだ..ってなくらいに思って...


...言っちゃった。笑






────────────

読んで頂いてありがとうございました。蝶々結び

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ

よろしくお願いします。